まず何科を受信すればいい?自律神経失調症かもと思ったら!

もしかして自律神経失調症?!まず何科を受信したらいいの?

自律神経失調症のチェック方法

この心身の不調はもしかして自律神経失調症かも? そう思ったら、まずはこちらの17項目のチェックシートを実践してみてください。いくつ当てはまったかであなたの自律神経の状態がわかります。

もしかして自律神経失調症かも?!チェックリスト
1.頭痛がある
2.めまいや立ちくらみがある
3.耳鳴りや耳の閉塞感がある
4.首や肩が凝っている
5.眼精疲労・ドライアイ・涙目の症状がある
6.喉に異物感がある・イガイガする
7.胃に不快感や痛みを感じることがよくある
8.下痢や便秘を繰り返している
9.息苦しさ・動悸・胸に圧迫感がある
10.眠れない・夜中に目が覚める・寝ても寝ても寝足りない
11.手足の震え・しびれがある
12.夏でも手足が冷える
13.全身がだるい
14.食欲がない・何もする気が起こらない
15.イライラする・不安感がある
16.勉強・仕事・家事に集中できない
17.やる気が起きても体が思うように動かない

いくつ当てはまりましたか?

0~2個当てはまった あなたの自律神経は正常で落ち着いています。
3~5個当てはまった あなたの自律神経には負担がかかっています。ゆったりとした生活を心がけてください。
6~8個当てはまった あなたの自律神経はかなり無理をしています。自律神経失調症の可能性があります。
9個以上当てはまった 自律神経失調症の可能性が極めて高いです。すぐに専門医を受診してください。

こんな症状の人はまず内科系を受診してみよう

自律神経失調症の診断を受けるまでには、少し遠回りしてしまうことがあります。なぜなら、病院で検査をしても何も悪いところがない場合に初めて「自律神経失調症の可能性がある」とされることが多いためです。症状の裏には他の病気が隠れている可能性もあるので、まずはそこをクリアにするというわけですね。

そこで、まずは何科に受診すればよいのかを症状別にまとめてみましたので参考になさってみてください。まずは内科編です。

受診する科 症状 どんなことをする?
循環器科 ・血圧が高い
・動悸がする
・不整脈
など
・血圧の経過を見る
・心電図や心臓エコーで心臓に異常がないかどうかを調べる
消化器科 ・食欲低下
・吐き気、胸のむかつき
・下痢と便秘を繰り返すなど
・内視鏡検査、血液検査、腹部エコー検査などを用い、胃腸や肝臓など消化器官に異常がないかを調べる
総合内科 ・倦怠感が続く
・微熱が続く
・頭が重い
・口が渇く 
など
・左記のような比較的漠然とした体の不調の場合は総合内科を受診
・血液検査などを行う
・特に糖尿病と甲状腺疾患は自律神経失調症の症状を引き起こすことがよくある
・最近ひどくストレスを受けているなど、明らかに精神的な要素が思い当たるのであれば心療内科や精神科でも可
神経内科 ・頭痛
・ふるえる
・しびれる
・体が傾く
・体に力が入らない  など
・心療内科や精神科と間違われがちだが別物
・脳血管障害・脳・脊髄・神経・筋肉による病気を診る
・頭痛の場合は脳神経外科・頭痛外来も選択肢となる

こんな症状の人はまず外科系を受診してみよう

続いては外科系・婦人科編

受診する科 症状 どんなことをする?
耳鼻科 ・耳鳴り、閉塞感
・めまい
・味覚がおかしい
・喉に違和感がある
など
・耳や喉に異常がないかを調べる
・必要に応じて聴力検査を行う
・耳鳴りやめまいはメニエール病の可能性あり
眼科 ・疲れ目 ・まぶたの痙攣が続く ・ドライアイ ・涙目 ・目が開かない  など ・視力検査、視野検査、眼底検査、眼圧検査、眼球運動検査 ・ドライアイ検査などを行う
・治療は点眼薬がメイン
・異常がない場合CTやMRI検査を必要とすることも
整形外科 ・肩こり ・肩こりからくる頭痛 ・手足のしびれ  など ・近年急増しているストレートネックをはじめ、姿勢の悪さや頚椎の異常がないかを調べる
泌尿器科 ・頻尿、尿もれ ・尿が出にくい ・勃起障害 など ・腎臓、尿管、膀胱、男性生殖器などに異常がないかを調べる
婦人科 ・生理不順 ・デリケートゾーンのかゆみ ・更年期障害に似た症状がある など ・問診、内診、エコー検査などで子宮の状態を診る
・血液検査でホルモンの異常がないか調べることも
・自律神経失調症の症状によく似ているのが更年期障害。更年期障害ならばホルモン補充療法などで改善の可能性あり

それでもダメなら精神科・心療内科へ

ここまでに紹介した内科・外科などで明らかな原因が見つからなかった場合、内科や外科ではひとまずその症状を緩和していくような治療(対症療法)がとられます。しかし症状に改善が見られなかったり、やっぱり精神的なことが根本原因として考えられる、ということであれば精神科や心療内科を受診をしてみるとよいでしょう。

すると今度はこの2つの科でどちらを受診すればいいか迷ってしまいますよね。精神科と心療内科には下記のような違いがあります。身体的な不調が続いて困っている場合には心療内科、と覚えておきましょう。

精神科

心の問題が原因で「心」にあらわれた症状を扱う科です。

不安、抑うつ、イライラ、集中できない、物忘れがひどい、日常に支障をきたすほどやる気が出ない、幻聴、幻覚、妄想など

心療内科

心の問題が原因で「身体」にあらわれた症状を扱う科です。

動悸、倦怠感、消化器系疾患(腹痛・下痢・吐き気など)、過呼吸症候群、高血圧、ストレスからくる胃潰瘍など、症状は多岐に渡る

とは言え現代ではあまり両者の垣根がない病院(クリニック)も増えています。病院のホームページを見たり問い合わせたりして確認してみてくださいね。

自律神経を整える蜂の子サプリBEST3
総合評価第1位
つらいめまいや耳鳴りに効く蜂の子サプリNo.1花菜の厳選蜂の子 株式会社リームス
総合評価第2位
つらいめまいや耳鳴りに効く蜂の子サプリNo.2山田養蜂場の蜂の子 全日本任意売却支援協会
総合評価第3位
つらいめまいや耳鳴りに効く蜂の子サプリNo.3ハチの子800 全国住宅ローン返済相談センター

ページのトップへ